KATSUNO WOOD 勝野木材

木曽ヒノキだけを使ったウッドチップ

WOOD CHIP

木曽ひのきイメージ

木曽ひのきとは

歴史とともに歩んだ木曽ひのき

木曽ひのきは、青森のヒバ、秋田の杉と並んで日本三大美林と呼ばれています。木曽ひのきに目が向けられたのは室町時代に入ってからであり、本格的な開発は豊臣秀吉に始まると言われています。江戸時代には尾張藩の直轄領となり、さまざまな保護と規制が行われました。一切の立ち入りを禁止する「留山(とめやま)」、そしてひのき、サワラ、アスナロ、コウヤマキ、ネズコのいわゆる木曽五木の伐採が統制され、資源保護が行われたのです。また、伊勢神宮の「式年遷宮」の用材として使われるなど、木曽ひのきは歴史と共に歩んできました。

ウッドチップ

木曽ひのきウッドチップ

当社のウッドチップは、樹齢80年を超える木曽ひのきのみを使用しています。木曽ひのきに含まれる香り成分には雑草防止、リラックス効果、抗菌・消臭効果があると言われ、ガーデニングやドッグランに最適なウッドチップです。

ガーデニング

5,000l

土と色の相性がよく、時間の経過も感じられ、自然な風合いを作り出すことができます。ひのきはシロアリなどの害虫にも比較的強いので、ウッドチップからのシロアリの侵入を抑えることができます。

[購入例] 500袋(5,000ℓ) 10m×10m×5cm / 約100m²

ペット

50l

ひのきは他の木に比べ香りにリラックス効果があるのと同時に、ダニを抑制する効果もあるため、大切なペットをダニから守ることができます。ドッグランにも最適です。

[購入例] 1袋(50ℓ) 1m×1m×5cm / 約1m²

ウッドチップができるまで

持続可能な、
森林経営を目指して。

勝野木材では木曽ひのきの持続可能な森林経営を目指して、伐採から製材、造林までを一貫して行っております。
明治末期から大正初期に植林された80年以上の木曽ひのきを間伐し、残した木に日光を入れ、災害などに強い森を育て、間伐した木から、主に建築構造材やウッドチップを製材し、一本の貴重な木を余すことなく利用しています。

01
伐採
(有)ヤマカ木材〈勝野木材グループ〉木曽谷の国有林において樹齢80年以上の良質な木曽ひのきを、チェーンソーで1本1本間伐します。山の成長量を間伐量が上回らないよう、調整しながら伐採を行います。

伐採イメージ

02
搬出
(有)ヤマカ木材〈勝野木材グループ〉谷の上にワイヤーを渡し、機械を使って集材します。
集材した木材はトラックで国有林の集積場へと運び出し、入札によって丸太を購入します。

搬出イメージ

03
木曽ひのきの仕入れ
山から搬出された木曽ひのきは、中部森林管理局の集積場へ運び出され市売が行われます。仕入担当者が目利きをし良材を入札にて購入します。

木曽ひのきの仕入れイメージ

04
製材
1日におよそ800本分の丸太を主に建築材に製材します。 製材加工の過程でウッドチップも製造されていきます。

製材イメージ

05
ウッドチップ
製造したウッドチップは、その日のうちに袋詰めし、香り豊かなものをお届けします。

ウッドチップイメージ

金額

数 量 金額(税抜き)
20ℓ
※プランターなど小面積用
¥1,980
50ℓ
1m×1m×5cm / 約1m²
¥3,480
大口でのご注文の場合 別途お見積もり

・包装形態: 20ℓ・50ℓ
・原材料: 木曽ひのき
・送料: 無料(沖縄県・離島につきましては別途送料が発生します)
※受取後、速やかに開封しご使用ください。
 湿気による変色等が発生する恐れがあります。

お問い合わせ

お名前
ご住所
TEL
E-MAIL
内容